2005年11月02日

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンの募金活動

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンの募金活動

▼ワールド・ビジョンとは?
ボブ・ピアス。アメリカ生まれのキリスト教宣教師によって、ワールド・ビジョンの活動は始められました。彼は、1940年代に中国に渡り、人々の過酷な現実に目を奪われ、「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」と考えるようになりました。
 その後、韓国を訪れ、朝鮮戦争によって傷ついた人々や多くの戦争孤児が生まれ、食糧、水、住居の支援が必要なことを知りました。そして1950年9月、アメリカのオレゴン州ポートランドでワールド・ビジョンを設立したのです。韓国の戦争孤児や寡婦、ハンセン病や結核患者たちに救いの手をさしのべることから始まったこの活動は、現在約100カ国で、地域開発や緊急援助などの支援事業を展開しています。

▼チャイルド・スポンサーシップについて
チャイルド・スポンサーシップは世界の貧困に苦しむ子どもたちを支えるために、ワールド・ビジョン・ジャパンが行っている、地域の貧困の解決を目指す自立支援プログラムです。月々4,500円(1日あたり150円)の継続支援。支援期間は任意です。ご紹介するチャイルドとの文通や報告書を通して、チャイルドの成長と支援の成果を確かに実感していただけます。日本では約20,000人(2005年5月末現在)の方がご支援してくださっています。

▼私たちにできること
ボリビアの男の子 遠い国で貧困に苦しむ
   何万人もの子どもたち
私たちはこう考えます
   子どものための“何か”をほっとけない。何かはきっとできる。
計算ができるようになった
カンボジアのニムちゃん あなたも、チャイルド・スポンサーになって貧困に苦しむ世界の子どもたちが健やかに成長できるよう、ご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンの募金活動
http://www.worldvision.jp/
posted by 世界のためにできること at 00:27| Comment(0) | TrackBack(1) | インターネットでできる募金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8864742

この記事へのトラックバック

日記
Excerpt: よかったら私のブログもご覧下さい。
Weblog: 本音
Tracked: 2005-11-02 00:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。