2005年11月18日

「感じる義手」は“ルークの義手”にどこまで近づけるかとう記事

「感じる義手」は“ルークの義手”にどこまで近づけるかとう記事

映画「スターウォーズ/帝国の逆襲」のラストシーンで、ルーク・スカイウォーカーが義手を装着しているシーンをご存じだろうか。想像するに“ルークの義手”は自分の手と変わりない感覚を得られるに違いにない。そのような「感じる義手」を目標として、人間の神経と義手とを接続する神経インタフェースの研究が進められている。
 神経インタフェースを10年以上前から研究しているのは、東京大学情報理工学系研究科の満渕邦彦教授の研究室。現在、“ルーク”の義手のような「感じる義手」、次世代の神経インタフェースの開発を進めており、その先進性は国内外から注目されている。そのほかにも「Ratcar」プロジェクト、人工心臓制御など神経インタフェースを用いた数々の実験を行っている。

という興味深い記事がITmedia エンタープライズ:ありました。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/
articles/0511/15/news067.html
posted by 世界のためにできること at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9481288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。