2005年11月24日

エイズ研究にPCグリッド:FightAIDS @Home(ファイトエイズ・アットホーム)

エイズ研究にPCグリッド:FightAIDS @Home(ファイトエイズ・アットホーム)

 エイズ対策の新たなプロジェクトにより、個人ユーザーや企業ユーザーが所有するPCの未使用時の性能が、HIVウイルスと戦うための薬剤の研究、開発に役立てられることになりそうだ。
 このFightAIDS @Home(ファイトエイズ・アットホーム)と呼ばれるインターネットベースの取り組みは、自分のマシンを使っていない間はその性能を提供するという試みに、約10万人のユーザーの支持を取り付けることを目指している。
 この活動に賛同したユーザーのマシンは、中央のサーバにデータをリクエストし、それを処理し、結果を送り返せることになる。
 この活動を支援しているサンディエゴのScripps Research Instituteによれば、この取り組みのまとめ役は、HIV感染者の治療のための新しい化学的方法を開発したいと考えている。
 コンピュータ処理能力の巨大な貯蔵所を活用できることになれば、研究者はより集中的かつ迅速に問題に取り組めるようになるだろう、とScrippsは説明している。
 この取り組みは、IBMが資金提供しているWorld Community Gridと呼ばれるコンピュータネットワークを使用した2つ目の研究プロジェクトとなる。

FightAIDS @Home(ファイトエイズ・アットホーム)
http://fightaidsathome.scripps.edu/
ラベル:エイズ 対策
posted by 世界のためにできること at 20:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 企業の慈善事業・募金活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世界平和を実現させるために
Excerpt: なぜ平和な社会が実現しないのか。どうすれば平和な社会が実現するのだろうか。皆で考えてみましょう。
Weblog: 身体と心と世界を癒す!
Tracked: 2005-11-26 18:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。