2005年11月24日

グーグル(Google)が米国議会図書館のプロジェクトに300万ドル寄付

グーグル(Google)が米国議会図書館のプロジェクトに300万ドル寄付

書籍プロジェクトで物議を醸しているグーグル(Google)が、希少品目をデジタル化して「World Digital Library」(WDL)プロジェクトを構築するという米国議会図書館のプロジェクトに300万ドルの寄付をしました。

グーグル(Google)は図書館の蔵書検索をめぐって最近物議を醸している。Googleは自社の検索エンジンで検索できるようにする目的で、大手5図書館の蔵書を、著作権に保護された書籍も含めてデジタル化している。Authors Guildと米出版者協会(AAP)はそれぞれグーグル(Google)を相手取り、著作権侵害で提訴しました。
posted by 世界のためにできること at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 企業の慈善事業・募金活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 サライで平山郁夫のカレンダーにてのシルクロード文化財寄付金情報を知りましたが、カレンダーの申し込み・寄付の方法が分かりません。カレンダーを2部購入したいのですが、手続きの方法はどうしたらよいのでしょうか?
Posted by 山本 マリコ at 2005年12月08日 19:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9759720

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。