2005年09月27日

金のリボン運動について

金のリボン運動

▼金のリボン運動について
世界母乳育児行動連盟(WABA)と国連児童基金(ユニセフ)では、「ゴールド・スタンダード」を広めるため金のリボン運動をはじめました。

▼金色の意味
乳幼児栄養の「ゴールド・スタンダード」〜最初は母乳だけ、その後も他の食べ物を補いながら母乳を与え続けて育てる〜
金色のリボンは、そんな理想的なありようを象徴しています。

▼リボンの意味
蝶結びのリボンは、単にリボンをクルッと巻いたものではなく、結ばれた各部分に特別の意味があります。
・ひとつの輪は母親
・もうひとつの輪は子ども
そして、ふたつの輪の大きさは同じで、母乳育児の成功には、母親と子どもの どちらもが同じように大切であることを示します。
結び目は父親や家族、そして社会を表します。結び目がなければ、蝶結びにはなりません。
支援がなければ母乳育児が成功しないのと同じです。
リボンの端はそれぞれ、6ヵ月間は母乳だけで育てることと、適切な補完食(離乳食)を食べさせながら2年かそれ以上母乳育児を続けること。
そして、次の出産を遅らせ、できれば3年以上の間隔で出産 することによって、母親には自分の回復と子どもの世話をするための、子ども には成長と発達のための十分な時間がとれるようにすることを表しています。

金のリボン運動
http://www.bonyuikuji.net/goldenbow/
posted by 世界のためにできること at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 金のリボン運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。