2007年02月11日

環境用語集サイト:環境GOO

環境用語集サイト:環境GOO

省エネ、節約、エコ生活知識サイトです。
環境について調べることができて、知っていると得をする!環境用語集などがありとっても勉強になりますよ。

環境用語集サイト:環境GOO
http://eco.goo.ne.jp/
posted by 世界のためにできること at 22:36| Comment(3) | TrackBack(2) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

World Computer Exchange:デジタル化された情報格差を無くす

World Computer Exchange:デジタル化された情報格差を無くす

World Computer Exchangeでは、発展途上国のためにシステムをテストした上で、荷造りしてコンテナ船でおくっています。Pentium III以上のシステム、ディスプレイ、キーボード、マウス、ネットワーク機器、プリンタ、プリンタ消耗品の寄付を受け付けています。

World Computer Exchangeとは,
アフリカ、アジア、ラテン・アメリカなど33カ国、85非政府機関が集まって、子供達の国際的にデジタル化された情報格差を無くしていくために活動している非営利団体です。


World Computer Exchange
http://www.worldcomputerexchange.org/
posted by 世界のためにできること at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ネットで自分の生活のエコ度を診断

ネットで自分の生活のエコ度を診断

自分のエコ度をネットで無料診断してくれます。
車の型式、種類、週の走行距離、光熱費、郵便番号などを入力すると
自分がどれだけ温室効果ガスに影響を与えているかを自分の生活で
どのような影響を地球に与えているかを診断してくれます。
あなたのエコ度は何点でしたか?!

ネットで自分の生活のエコ度を診断
http://terrapass.com/

Go ZeroSM
http://gocarbonzero.com/
posted by 世界のためにできること at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

子供安全プロジェクト:安全マップ

子供安全プロジェクト:こども安全マップ

子供安全プロジェクト地図の無料ダウンロードサービスを始めた。
自宅を中心にした近所の地図を、「MapFan」から提供してもらって。A4サイズの用紙×9枚にプリントアウトできる。
親子で近所を歩く際に持ち出してもらって危険な場所などを書き入れ、安全対策を目的としています。

子供安全プロジェクト:こども安全マップhttp://www.kodomo-anzen.jp/map/index.html
ラベル:子供 安全マップ
posted by 世界のためにできること at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

地球環境基金の東京自転車グリーンマップシステム

地球環境基金の東京自転車グリーンマップシステム

東京自転車グリーンマップシステムです。
G2006/04/22のアースデイに一般公開されました。
このサイトは、地球環境基金の助成を受けて作成されています。
利用方法は、無料登録できますのでログインをしてみなさんの好きなルートや
ポイントなどをグーグルマップ上のを閲覧することができます。
また、自分のお気に入りのコースやポイントの登録も可能です。
みんなも地球のために自転車に乗りましょう!


地球環境基金の東京自転車グリーンマップシステム
http://green.k.tamabi.ac.jp/top/
posted by 世界のためにできること at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

国際子ども権利センター

国際子ども権利センター

入会・寄付・ボランティア募集のご案内

国際子ども権利センターは、
  みなさまのサポートにより支えられています。
1. 事業・・・すべての子どもの権利が保障される社会の実現を目指します!!


 国際子ども権利センターは、「子どもの権利条約」の理念にもとづき、すべての子どもたちの権利が保障される、地球市民社会の実現を目指し、様々な事業を行っています。 今年度は、昨年横浜で開催された「第二回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議」のフォローアップとして、特に性被害にあった子どもたちに焦点を当て活動しています。フィリピンやカンボジア、インドなど被害が深刻である国の子どもたちの現状や、現地NGOの「子ども主体」の活動を会員のみなさまや一般の方々に学習会や出版物を通して伝えています。 来年度以降も、子どもが権利を充分に保障され安心して生活できる社会を目指し活動していきます。子どもの権利を社会に広め、よりよい社会を築いていくための啓発活動にみなさまの会費が役に立っています!

2. 運営・・・わたしたちの活動を支える縁の下の力持ちです!!

 国際子ども権利センターは、東京・大阪・カンボジアに事務所をおき、定期的に役員・事務局員間で運営会を開き、活動内容が団体理念とマッチしているかなどを議論・確認しあったり、各事業の進捗状況の確認などを行ったりします。また、事務局は会報発行の手配、学習会等の会場手配、外部の方からの連絡・問合せの対応窓口となり、権利センターの事業活動を支えています。事務所・連絡所は権利センターと同じ想いを持つ方々との貴重な出会いの場にもなります。 健全な運営なくしては、健全な活動はありえません。 権利センターの運営はみなさまの会費によって支えられています!

3. 会報「子夢子明」・・・わたしたちの活動内容を会員のみなさまに報告します!!

国際子ども権利センターでは、定期的に会報「子夢子明(こむこめ)」を発行しています!そこでは、センター主催で行なった学習会の内容や海外で活動しているメンバーからの現地レポートを掲載したり、今後の活動予定を報告したりしています。 「子夢子明」はセンターの活動と会員のみなさまをつなげる虹の橋であり、 みなさまの支援の結果です!
(サイト解説より)

国際子ども権利センター
http://jicrc.org/pc/member/

ラベル:国際 子ども 権利
posted by 世界のためにできること at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「感じる義手」は“ルークの義手”にどこまで近づけるかとう記事

「感じる義手」は“ルークの義手”にどこまで近づけるかとう記事

映画「スターウォーズ/帝国の逆襲」のラストシーンで、ルーク・スカイウォーカーが義手を装着しているシーンをご存じだろうか。想像するに“ルークの義手”は自分の手と変わりない感覚を得られるに違いにない。そのような「感じる義手」を目標として、人間の神経と義手とを接続する神経インタフェースの研究が進められている。
 神経インタフェースを10年以上前から研究しているのは、東京大学情報理工学系研究科の満渕邦彦教授の研究室。現在、“ルーク”の義手のような「感じる義手」、次世代の神経インタフェースの開発を進めており、その先進性は国内外から注目されている。そのほかにも「Ratcar」プロジェクト、人工心臓制御など神経インタフェースを用いた数々の実験を行っている。

という興味深い記事がITmedia エンタープライズ:ありました。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/
articles/0511/15/news067.html
posted by 世界のためにできること at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

サンタメールの事業が存続難:広尾サンタランド

サンタメールの事業が存続難:広尾サンタランド

北海道広尾町がサンタクロースに代わってクリスマスカードを送ってくれるという”サンタメール”のサービスが存続難になってきています。少子化やWEBでのクリスマスカードなどにより発送依頼の注文が激減してきています。
このサンタメールはノルウェーから日本で唯一”サンタランド”に認定されています。
ノルウェーのオスロ市が世界中の子供たちからサンタ宛に送られてくる手紙の返事にクリスマスカードを送ってくれるというものから日本でも開始されました。
子供に夢を与える素晴らしい活動だと思いますので、お子さんがおられることは是非!

サンタメールの事業が存続難:広尾サンタランド
http://www.santaland.or.jp/

posted by 世界のためにできること at 01:14| Comment(2) | TrackBack(4) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

国連の食糧援助無料ゲーム「FOOD FORCE」日本語版のダウンロードサービス:WPF

国連の食糧援助無料ゲーム「FOOD FORCE」日本語版のダウンロードサービス:WPF

国連世界食糧計画が制作した食糧援助体験ゲーム「FOOD FORCE」の日本語版が無料でダウンロードサービス。
コナミが日本語化を支援し、隊長役の声優には藤岡弘さんが参加しています。
天災の恐ろしさなどを体験でき、
ステージは6つで、
・空からの偵察、上空から食糧援助を求めている人を把握する。
・食糧の調合、栄養のあるバランスの取れた食糧を作る。
・食糧投下、空中投下による食糧援助。
・食糧の調達と搬出・食糧供給網を完成させる。
・食糧の輸送トラックで食糧を届ける。
・復興支援成長と開発のプログラムを行なう。
となっています。

▼ゲーム内容詳細
干ばつと内戦に見舞われた「シェイラン」という架空の孤島が舞台。
数万人の避難民への食糧援助をスムーズに行うため、ヘリコプターで空から偵察し、バランス良く調合した食糧を空中投下や陸路で届ける──といった6つのミッションをこなしていく。
昨年のスマトラ沖地震でWFPが実際に直面した課題がモデルになっているという。
高得点を出せばWebサイトに登録でき、世界中のユーザーと競い合うことができる。
対応OSはWindows 2000/XP。
ダウンロードサイズはは子ども向け・一般向けとも約240Mバイト。インストール時には320MバイトのHDD空き容量が必要。

国連の食糧援助無料ゲーム「FOOD FORCE」日本語版のダウンロードサービス
http://www.foodforce.konami.jp/index.html

▼WPFについて
WFP 国連世界食糧計画は国連唯一の食糧援助機関であり、かつ世界最大の人道援助機関です。飢餓と貧困の撲滅を使命として1961年に設立が決定され、1963年から正式に活動を始めました。ローマに本部を置き、世界各地に現地事務所を設けています
本部ホームページ : http://www.wfp.org


▼WFP 国連世界食糧計画は国連唯一の食糧援助機関:日本事務所
1996年10月、横浜市の誘致により、横浜市西区みなとみらいに開設されました。
WFPの食糧援助活動に対し日本国民の関心が高まり、政府機関を始め、企業、団体、個人からの支援・協力体制が一層拡充されることを目標としています。具体的な活動内容は、日本政府との連絡・調整、民間企業・団体、NGOとの協力関係の強化、広報活動、および国連WFP協会との連携です。
日本事務所ホームページ : http://www.wfp.or.jp


▼国連WFP協会(JAWPF)
国連WFP協会(JAWFP)は、WFPによる食糧援助活動を支援する目的で設立された特定非営利活動法人(認定NPO法人)であり、日本における民間協力の窓口です。
一般市民への広報や、市民、企業、団体からの募金活動を行っています。
国連WFP協会ホームページ : http://www.jawfp.org
posted by 世界のためにできること at 20:51| Comment(0) | TrackBack(1) | NGO・NPO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。